OGASAWARA LOG

  • 東洋のガラパゴスと言われる小笠原!
    交通手段は船旅のみ!しかも 時間は24時間強の船の旅。同じ日本にいながら 海外より遠い地・・・なかなか開催できずにいましたが 2006年ついに決行!!
    しかし第1回目は 台風に泣かされ海は不完全燃焼(T-T)
    でも お祭りに参加したり 釣りしたり ボディボードしたり完全燃焼!
    熱烈歓迎やお見送りに すっかり小笠原に魅了され、翌年 またしても小笠原丸に乗り込みリベンジ☆
    リベンジは小笠原丸からイルカがはねる姿に出迎えられ 好スタート!思いっきり 陸も海も堪能しました!



小笠原丸に乗り込みます!






長い船旅が始まりました
いざ 出陣!




飲んで騒いで 船旅を楽しみます



辿り着いた 小笠原 迎えてくれたのは 港を埋め尽くす 熱烈歓迎!

さぁ!ENTRY!


友禅という着物の柄に由来して名がついた日本の魚。
チョウチョウウオ科としては、非常に珍しい黒を基調色とした種でこちらでは会うことができないレアなお方。
小笠原諸島では 当たり前に見られます
どこまでも 澄み渡る海
抜群の透明度!



海を埋め尽くす グルクン ウメイロモドキの群れ

有名なシロワニはお留守でしたが 鮫はホワイトチップ発見☆


zzz まったり中
そこに サムカメラマンがパシャッ


あ~うっとうしいな~
まだ パシャッ


ゴラッ!
ホワイトチップの超どアップ 撮れちゃいました( ̄∇ ̄;)
そして なによりこれが見たくて来ました!イソマグロの群れ!


いよいよマグロの穴に☆
います!います!巨大イソマグロ群


巨大イソマグロの乱舞!(≧▽≦)
長い船旅を乗り越えても 来た甲斐がありました!


小笠原に1番人が集まるのが お盆 なぜなら 小笠原の祭りの時期だから
そして この祭りが最高!花火を見て 盆踊りに参加して 大はしゃぎ!
どんなに小笠原丸がギューギューでも 行く価値ありなのです


盆踊りに参加


この踊りが 一味違って 歌がかなりおもしろく
そこでジャーンプ!と飛んだり 跳ねたり 最高!
酔って踊って歌って 大はしゃぎです☆



初回 台風で潜れなかった日は 観光に繰り出し


ボディボードをしにいったり
釣りをしたり



海は残念でしたが 陸はめちゃくちゃおもしろく 小笠原にすっかり魅了されました
|感動の見送り
港を埋め尽くす お見送りの人々。」
何隻もの船が小笠原丸を見送ってくれ、逆立ちのパフォーマンスをしたり海に飛び込んだり、なんか感動で泣けてきます。最後の最後まで魅せられます。

2年目 再び訪れた時は 1年目の同志
転勤で遠くに行かれた 江原さんと再会!
ちょうど江原さんが 帰る時で、我々も見送りの船に乗り、海に飛び込みお見送りしました!


帰りの船の中 小笠原丸を見学 つい やっちゃうコスプレ・・・
backページのトップに戻るページのトップへ戻る