ダイビングスクールよくあるご質問

スクールについて
ダイビングスクール選びはどうしたらいいの?

お答ダイビングは自然が相手のスポーツ。これからダイビングを楽しんでいく上で、最初に受けるOPEN WATER講習は大切な基礎になります☆

講習内容の充実差で注意して欲しい事

決められた日数や短い日数で講習する

SEA POINTでは少人数制で時間をかけて講習を行います。
プールで習うスキルは50スキル。

慣れない水中での動きは、繰り返し練習することが必要です。
取得のスピードは人それぞれ、期間が決められていると、できない方は取り残されたり、又できる方もできない方を待っている内に期間切れと言う事が起こります。

短い日数は、時間が足らず内容が不十分であったり、簡単な講習で基礎が備わらないと、結局はダイビングを続ける事がでず、
スクール選びは価格にとらわれず講習内容・アフターケアがとても重要です。

プール講習を省略(プールを使わない・または僅かな時間のみで終わらせる)

楽しいダイビングのカギはプール講習にあり!
SEAPOINTではしっかり時間をかけてプール講習を行います。

器材を背負って水中で体を動かすのは、最初からなかなかうまくできないもの。
プール講習は流れや天候に左右される事無く、マスクに水が入ったら?などのトラブル回避の方法を身につける為に行います。


実はこのプール講習でいかにきちんとスキルを身につけておくかが、海洋実習・そしてCカード取得後のダイビングに大きく影響してきます。
僅かな時間のプール講習では、『とりあえず1度だけなんとかできた。』
『できないスキルがあった・・・』・『実は習っていないスキルがあった』と言う事になり、それでは海で安心して楽しめないですよね。
時間をかけ何度も繰り返し練習することで、本当にスキルが身につき、安全にダイビングを楽しむ事ができるようになります。
詳しくは取得までの流れ

そして大切な事は取得後です。

その後 続けられなければ、すべて忘れてしまいもったいないし、次に潜りたい!と思っても危険です。
きちんとした講習と、そして取得後に色んな海を楽しめるようにツアーが豊富
いつでも不安な事を相談できるSHOPで取得されるのがいいと思います。

これからダイビングを始めたい!と考えられている方は、価格にとらわれず、
講習内容・その後『ダイビングを楽しむ事』を大切にスクールを選んでくださいね。
スクール質問に戻る
スクールについて
Cカードってよく聞くけど何?

お答Cカードの「C」はCERTIFICATION(認定、証明という意味)の略です。
よくダイビングのライセンスを取ると言われていますが、その時に発行されるのがこのカードです。
只、ライセンスと言ってもダイビングのCカードは国が定めた免許ではありません。
でも実際にはCカードが無いと、国内・国外を問わずダイビングサービスでタンクを借りたり、ガイドをお願いするなどのレジャーダイビングを楽しむことが困難です。
なぜなら ダイビングは水中という特殊な場所で行なうスポ-ツですから、専門の知識や技術を知っている必要があるからです!
Cカードはダイビングについての基本的な知識と技術を各指導団体のインストラクターから教えてもらい、その団体の認定基準まで修得したという証明です。

Cカードが無いと、国内・国外を問わずダイビングサービスでタンクを借りたり、ガイドをお願いするなどのレジャーダイビングを楽しむことは まず無理でしょう。

スクール質問に戻る
スクールについて
ダイビングの指導団体って何?どこがいいの?

お答指導団体とは、Cカードって何?で記載させて頂いているCカードを発行している機関です。
各指導団体、講習カリキュラムの作成とインストラクターの育成を行っています。
ダイビングの講習は各ダイビングショップ・インストラクターによって開催されますが、講習が修了するとインストラクターから指導団体へ認定の申請がされ、指導団体からCカードが発行されます。
どこの指導団体がいいの?という質問が多いのですが、確かに多くの団体はあります。
ただ海は一つです。守るべきルールも共通です。
どこの団体も守るべきことはきちんと指導していますので、気にしすぎる必要は無いと思います。
本当に重要なのは、価格や指導団体ではありません。重要なのは、お店の講習内容、教える側の姿勢です。

SEAPOINTの指導団体は業界TOPシェアのPADIです。シーポイントは三重県唯一のPADI5★IDセンター(インストラクターを育てられるお店)に認定されています。
提携リゾートや提携スクール数も、世界最大規模。世界中に広がるネットワークで、海外・国内問わず 取得後も安心のサポートが受けられます。
スクール質問に戻る
スクールについて
スクーバダイバーとオープンウォーターの違いは?
お答
スクーバーダイバーは、お忙しい方に手軽にダイビングを始めて頂けるPADIのお手軽・限定つき入門コース。
取得後は、PADIインストラクター共に12mまでと言う限定つきで、ダイビングが楽しめるようにようになります。
限定つきですので講習のボリュームが、本格的なダイバーコース:オープンウォターコースに比べ少なく、短い日数、価格で手軽に取得できるタイプです。
手軽に始めてみて、後で追加の分だけ講習を受け、オープンウォーターコースにランクアップする事が可能です☆
オープンウォターコースは、本格的なダイバーコース:海の基礎ルール・スキルを完全マスターするコース。
取得後は18mまでのダイビングが可能で、ボートダイビングや、海外に行った際なども色んなポイントにチャレンジして頂けます。
本格的にダイビングを始めたい方は、オープンウォーターがお勧めです!
スクール質問に戻る
スクールについて
日数はどれくらいかかるの?

お答お忙しい方でも大丈夫!学科がのんびり自宅学習ですので、
初級コース:スクーバーダイバーは最短2日間。(プール&学科の復習で1日・海洋実習で1日)
本格的なダイバーコース:オープンウォターコースは4日間(プールと学科の復習で2日・海洋実習2日)です。
SEAPOINTでは、OPENWATERは4日間かけます。もっと手軽に、もっと短く。と思われるかもしれませんが、海は身近な野生です。
水圧があり、呼吸の出来ない世界、学ぶべきルール、習うべきスキルがあるのも当然です。
素晴らしい海の世界を楽しんで頂く為に、オープンウォーターは、その後のダイビングの基礎になる大切な講習となります。
SEAPOINTでは、お客さまの取得後のダイビングライフの為に、必ず時間をかけて丁寧に講習を進めます。

詳しくは取得までの流れ
スクール質問に戻る
スクールについて
ダイビングを始めたいけど1人で申し込んでも大丈夫?

お答ご安心ください☆SEA POINTはお一人からでも大歓迎です☆
当店のお客様は、ほとんどの方がお一人で申込み頂いております。
SEAPOINTでダイビング仲間を作ってしまいましょう。
ダイビングと言う共通の話題がありますから、会社や学校では出会えない友情が生まれます♪

スクール質問に戻る
スクールについて
冬でもダイビングできるの?

お答できますよ!冬はドライスーツと言う 濡れないスーツがあるので大丈夫です!
海の水温は 太陽に関係しています。夏の太陽に暖められて水温の低下は 陸上の気温より2ヶ月程遅れます。
その為、秋は夏真っ盛りの暖かさですし、冬と言っても意外にも水温はそんなに冷たくありません。(だから 逆に春の水温は冷たいのですが 陸は暖かくなっていますので、上がってきてから冷えないからこれまたあまり気になりません。)

冬の海中は、水温が下がりプランクトンが減っていきますので、魚は減りますが逆にプランクトンが減る分海の透明度が上がり、澄み切って凛としていて非常に美しいです。
そして冬ならではの生物 ウミウシ等も登場してきたり、冬には冬の楽しさがあります。
海は1年を通じてその時その時の顔があり、飽きることはありません(^^)
しかし冬はやっぱり上がってきてからの陸が寒いので当店のツアーでよくやってるのが、みんなで豚汁を作ったり 焼き芋を焼いたり♪これがたまらなくおいしい!冬ならではの醍醐味だなと思います☆

スクール質問に戻る
スクールについて
目が悪いんだけど?

お答大丈夫ですよ♪ ちゃんと度付きのMASKがあります!!
コンタクトレンズのご使用は おすすめできません。
なぜならば、水中でマスクに水が入ったりしてコンタクトが流されてしまったりしたら、視界の確保が出来なくなってしまいますので度付きのマスクをご使用下さいね。

スクール質問に戻る
スクールについて
取得後は?

お答楽しい海が待っています!

SEAPOINTは取得後も安心☆経験豊富なインストラクター7人が勢ぞろいです!
楽しいツアーをバリエーション豊富に企画しています!
行き先は、地元三重から隣の和歌山は当たり前☆日本海・四国・沖縄・海外どこまでも足を延ばします。
海と言う共通の趣味の元、老若男女問わず楽しい仲間がいっぱいできるのがダイビング!
SEAPOINTでは楽しいイベントいっぱいハート沢山の仲間に出会えます。
夏にはキャンプ&ダイビングのサマーパーティが大人気です☆
くわしくは取得後も安心☆
スクール質問に戻る
取得までの流れプラン・価格自慢のダイビング専用プール取得後も安心スクールQ&Aお問い合わせ
backページのトップに戻るページのトップへ戻る